全国各地の学生さんと面談した イオン採用担当者が語る!就活生の気になる身だしなみポイント

面接は「第一印象で決まる」とも
言われますが、それは本当なのでしょうか?
就活における面接時のリアルな学生の姿と、
チェックしているポイントについて、イオンの
新卒採用担当者にじっくり聞きました。

田口くにのり さん × 土田まよ さん

INDEX

第一印象って、 やっぱり大切?

田口さん

採用担当者によっても異なりますが、個人的にはとても大事だと思っています。服装がしっかりとできていない方は、行動面でも少しルーズになってしまいがちかもしれません。服装や身だしなみがその方の一部を表すこともある、とこれまでの経験で感じています。

土田さん

第一印象はやはり大事ですよね。普段着の延長で、面接の際にくるぶしソックスを履いてくる方もいますが、そういうシーンでは普通のソックスにするだけで、印象がガラッと変わりますね。

田口さん

私が入社した時、上司に「人は、第一印象で判断されがちなので、服装も言動も配慮したほうがいい」とアドバイスを受けましたね。

土田さん

たしかにその通りかもしれませんね。時間がなくて、来社前に鏡が見られなかったのでしょうけど、ネクタイがよれている方も見かけたりします。忙しくても、できればお出かけ前に鏡でチェックできると、よりいいでしょうね。

ここがPOINT!
やはり第一印象は、重要!
清潔感TPOなどを押さえることって大切。
これだけは押さえたい!着こなしポイント7

ここが気になる! ちょっと残念なポイントは?

男性編
田口さん

僕もたまにあるので、あまり言えませんが、寝ぐせでしょうか。時間がなくて整えられなかったのかもしれませんけどね。他にあるとすれば、就活用バッグです。来社の際、普段使いしている斜めがけバッグなどで来る方もいますし、まれに手ぶらの方もいらっしゃいますね。筆記具は胸ポケットから取り出すより、カバンから出すほうがスマートでしょうね。

土田さん

私が気になるのは、ですね。座ると足元ってけっこう見えるんですよ、汚れや長すぎるヒモ、かかとのすり減りなども。できれば、時間を作って靴はブラシで磨いてみてください。ピカピカの靴は気持ちいいですし、オシャレは足元からと言いますしね。

田口さん

靴といえば、スニーカーで来る方もいますね。確かに、革靴がしんどいのはとてもわかりますけどね。あと、ワイシャツの下に柄や文字のあるTシャツを来てくる方もたまにいるんですけど、意外に透けて見えるので、インナー着用のほうが落ち着いて面接に臨めると思いますよ。

ここがPOINT!
カバンや靴、小物、インナーなども、チェック!
女性編
土田さん

女性のヘアスタイルでロングの場合、ほとんどの方はきちんと結んでいるのですが、結ばずに下ろしていると、顔が隠れて暗い印象に映ってしまいます。スッキリ結んだほうが、自分らしさが伝わりやすいと思いますよ。

田口さん

あとはスカート丈がちょっと短めかも、という方も時々います。椅子に座るとヒザが見えたりするので、そういうことにも配慮できるといいでしょうね。

土田さん

就職活動で初めてきちんとスーツを着る機会となる学生さんが多いので、スーツの着こなし方、例えばスカート丈やパンプスの高さなどは、スタンダードな丈感をお店の方に聞いてみるといいかもしれませんね。

ここがPOINT!
女性は比較的しっかり着こなしている!
だからこそ、細部にも配慮できると◎!

スーツのサイズあってる?

土田さん

男性ですが、立った時に丈が短すぎてくるぶしが見えている方もいますね。女性では、上はフィットしているけど、下は自分の体型にフィットしていない方とか、その逆の方も、時折いらっしゃいます。サイズが大きすぎると、スーツに着られている感じに見えてしまうんですよね。最近は、上下別々のサイズで購入できたりしますから、賢く利用するのも手ですよ。

田口さん

背丈に合わなくなったスーツを着ているのかもしれませんが、おしゃれ狙いかな?と深読みしてしまうくらい袖丈の短いスーツを着ている男性も時々います。やはり、購入時にお店の方からアドバイスをしてもらうと、安心だと思いますね。

ここがPOINT!
スーツは、サイズ感が重要!
自分の体型に合わせて、上下別で選んだり、
ボトムだけ追加購入できるイオンのスーツをチェックして!
セットアップスーツ

夏の面接、 クールビズはOK?

田口さん

選考前の説明会などは、服装自由としています。それは事前に案内していますし、採用側の事務局もクールビズで対応しています。学生さんは、1日に何社も回っている方が多く、学校から直接来る方もいますから。

たいてい皆さん、夏でもスーツでいらっしゃいますが、夏場の選考時はクールビズで大丈夫ですし、ノーネクタイOKとしています。
土田さん

とはいえ、選考時にジャケットを持たずに、白シャツのみで来社するという方も、夏場はけっこういるんですよね。

田口さん

ジャケットは手に持って来社するのではなく、暑くて大変かもしれませんが、建物に入る前に羽織るのが一般的と言われていますね。

土田さん

汗拭き用に、普通の白いタオルを持参している方もいて、学生っぽくて微笑ましいのですが、ハンカチのほうがより便利かなと思います。

女性で、汗が気になる方は、着替え持参という人もいますね。制汗シートやスプレーはあると助かるでしょうし、最近の夏用インナーは機能的にも優れていますから、便利ですよ。
ここがPOINT!
夏用の機能性インナーやシャツを気遣うことで、
ラクに印象度もアップするはず!

こんな学生が、 好印象!

田口さん

好印象な学生さんですか。やはりスーツの着こなしの基本をきちんと押さえている方ですかね。第一ボタンも留まっていて、清潔感があり、服装や身だしなみも基本的なマナーを押さえている方が好印象でした。

土田さん

そうですね。気持ちよく爽やかに来社してくれるといいと思いますね。清潔感があれば、相手に安心感を与えますし、それが信頼感にもつながるので、まずは準備から、ですね。

最後に就活生への応援メッセージ
田口さん

服装や身だしなみは、必要最低限のマナーといわれています。そこで損をしてしまうのは、本当にもったいないです。面接に限らず社会人としても重要な場面に出るときは、事前に鏡で全身をチェックするのがいいでしょうね。

土田さん

就活は社会人になるスタートライン。自分が社会人になるんだ!という気持ちで身だしなみを見つめ直してみてはどうでしょうか。自分の志望する企業の採用担当者の方に、自分の思いをきちんと伝えるためにも、身だしなみは大切だと思います。がんばってくださいね!